血圧は、ストレスや運動、気温の変化など、日常の様々な影響で急激に上昇することがあります。

血圧を上げない生活習慣

以前の生活と今の生活を比べてみた 血圧は、ストレスや運動、気温の変化など、日常の様々な影響で急激に上昇することがあります。心筋梗塞や脳卒中のような急な発作は、血圧の急激な上昇がきっかけになることが少なくありません。高血圧の治療中で、高圧薬などで血圧が安定している人でも、こうした事態には普段から注意が必要です。日々の生活習慣や動作に気をつけて不慮の事故を防ぎましょう。

普段の血圧を安定させて急上昇を防ぐためには、運動や食事だけではなく、いつも何気なく続けている生活習慣を見直すことが大切です。特に注意が必要なのは以下の生活習慣や動作です。まずは喫煙です。高血圧の人が喫煙すると心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなるといわれています。タバコを止める努力をしましょう。またストレスや、突然の緊張や興奮など、ドキドキするような刺激は、血圧を急上昇させる原因になります。ストレスをゼロにするのは難しいですが、自分なりのストレス解消方法を身につけましょう。普段運動する習慣がないと、ちょっとした動作でも血圧は急に上がってしまいます。運動不足は肥満の原因にもなります。毎日軽い運動をするなどを習慣にすれば無理せず血圧を下げることができます。すし、血液が固まりやすくなって、血管内で血栓ができやすくもなります。

お薦めサイト

Copyright (C)2019以前の生活と今の生活を比べてみた.All rights reserved.